南房総千倉のラブリー野菜

「Samson's lovely farm 」

 

自然体験民泊

「Sams Backpackers house」

 

 

代表者名 篠塚 享利   

 

◇HP ホームページはこちら

http://samsonslovelyfarm.jimdo.com/

 

ブログ サムソンの雄叫び 

 

◇E-mail    

samson_farm@me.com   

 

 

 

旅が好きで沖縄の離島、屋久島&奄美大島、アジア諸国、トンガ王国などのポリネシアエリアなどを旅して、古来の知恵や文化や人とのつながりを大切にして力強く生きている人々に感化され、人が生きていくための原点にかえろうと想いファームスティで全国を旅して、南房総千倉町にて有機農業とゲストハウスを始めました。

 

 

生活でもあまり物を持たない僕は、大量の堆肥や肥料を抱え込むのはあまり合わないと感じ、植物性の肥料を使用しております。

緑肥とはマメ科の作物で、畑のちょっと休憩中の場所に緑肥の種をばら撒き、芽が出て成長し、そこへ栄養分の一つである窒素を蓄えてくれます。

そしてその緑肥や、畑に生えた雑草を刈って、米ぬかを手で散布して雨や朝露と共に草を発酵させてしばらく置いてから、

耕して土へすき込みます。

もみ殻と米ぬかを合わせて水を入れて発酵させた肥料を苗の植え付けや追肥として使用。

虫の発生が少なく、成長も緩やかで実に旨みを蓄えてくれます。